今から9年前の2010年10月17日、中央線からオレンジバーミリオンの201系が引退しました。
今では中央線の主役はE233系であり、隠れた人気者として常磐緩行線からきた209系1000番台が活躍しています。

現在も豊田車両センターにはクハ201-1が残されていますが10月現在、検車庫の中にしまわれたようで外から姿を見ることは出来ません。以前のように綺麗に塗装し直しているのか?老朽化が進みひとまず屋根のある場所に入れたのか?真相は不明ですが、最近あちこちの保存車を解体している様子を見ると不安でなりません。鉄道博物館が拡張されましたが、省エネ電車の先駆けである201系の保存はされるのか?引き続き関心を持って見守ろうと思います。

思い出の201系
DSC_4533.jpg
厳寒の富士急行線を行く。

DSC_2325.jpg
四季彩も富士急行線に入線しました。

DSC_19810001_201910172035306fe.jpg
四季彩さよなら運転の返却回送のワンシーン。カメラマンに配慮して?H4編成がゆっくりと通過。お互いに軽いタイフォンを鳴らし挨拶。
スポンサーサイト



div.entry-body img { border : 2px solid #000; /* 枠線を黒色で太さ2pxの直線を設定 */ }